トップページ > 子供のDNA鑑定はしておくべきか?

子供のDNA鑑定はしておくべきか?

子供の父親は母親だけが知るって言葉がありますが、確かに子供の父親は誰なのか分かっているのは母親でしょう。例えば結婚をしていても、他の男性とも不倫をしていて、性行為もしているのであれば、夫がその赤ちゃんの父親だとは限りません。

 

また、出産をすれば血液型も分かりますし、子供が成長してくれば顔もはっきりしてきますから、誰に似ているのかも分かります。ただ、不倫相手と夫が、血液型も同じだったり、顔も似ているのであれば、血液型や顔だけでどちらが父親なのか判別することも難しくなる可能性も十分にあります。

 

父親が夫なのか不倫相手なのか分からないのであれば、こっそりと子供のDNA鑑定をしてどちらが父親なのかを調べておいたほうがいいでしょう。子供に愛情を持っているのであれば、子供の父親は誰なのかを知っておくべきですし、そして、どちらが父親なのかを知っておけば、どのような子供なのかもなんとなく分かってくるでしょうから、子供が成長した上でサポートしやすくなるでしょう。

 

反対に男性で、子供と自分の顔や雰囲気が似ていなかったり、自分の子供なのか怪しいと感じるのであれば、早めにDNA鑑定をしてはっきりさせるようにしたほうがいいでしょう。DNA鑑定をした結果、自分の本当の子供なのであれば安心です。もしDNA鑑定をした結果、他の男性の子供なのであれば、早めに分かったほうが裏切られたときのショックも少なくさせることが出来ますし、妻と離婚を擦るという決断もすることが出来ます。

 

子供が成長をしてから自分の子供ではなかったということが分かってしまうと、これまでの子供との思い出も裏切られてしまったということになり、立ち直るのにかなり時間がかかっていs舞うかもしれません。

 

自分の子供をDNA鑑定するのは複雑な心境かもしれませんが、後々トラブルが大きくなるのを考えると早めに不安は払拭しておいたほうがいいかと思います。